1. HOME
  2. 脛骨近位関節面骨折(プラトー骨折)関節面整復用 EZインパクター

脛骨近位関節面骨折(プラトー骨折)関節面整復用 EZインパクター

脛骨近位関節面骨折(プラトー骨折)の関節面整復手術に使用するインパクターですが、シャフトが途中
から傾斜を持ち、その先端の関節面押圧部が中心に向かって内側を向いているものと、外側を向いてい
るものの2本で構成されています。
この形状により、インパクターを回転させながら操作することで、短時間で容易に整復を行なうことが出来
ます。押圧部は広い平面状になっており、押圧部が関節面と平行に接することで関節面を損なう危険も
少なく、また2本のインパクターを使用することで、関節面前後・左右のいずれにおいても広範囲にわたっ
て、短時間で、確実に、整復を行なうことが出来ます。

詳しくはこちら

商品紹介名
脛骨近位関節面骨折(プラトー骨折)関節面整復用 EZインパクター